コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄原 てつげん

百科事典マイペディアの解説

鉄原【てつげん】

韓国,江原道の北西部にある都市。高句麗(こうくり)時代の古都で,かつては京元線と金剛山鉄道の分岐点だった。解放後は朝鮮民主主義人民共和国に編入され,朝鮮戦争後韓国側に帰した。
→関連項目平康

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てつげん【鉄原 Ch‘olwŏn】

朝鮮半島の中央部,江原道の軍事境界線をはさんで南北朝鮮が対峙する要塞地帯の郡。楸哥嶺地溝帯に沿って開かれた京元街道(ソウル~元山)中間の要衝であり,中心地の鉄原邑は,9世紀初め弓裔(きゆうえい)が創建した泰封国の首都にもなった。面積600km2をこえる溶岩台地上にあり,20世紀に入って水田が開発された農村地帯だが,朝鮮戦争中,〈鉄の三角地帯〉と呼ばれる激戦地となった。戦後,江原道は南北に二分され,双方に鉄原郡が置かれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄原
てつげん / チョルウォン

韓国(大韓民国)、江原道の北部の軍事境界線に隣接する邑(ゆう)(町)。鉄原郡(面積765.36平方キロメートル、人口4万7901、2000)に属す。人口5238(2000)。1931年、面(村)から邑に昇格。朝鮮戦争後、北朝鮮の支配地域から韓国の支配地域に移った。軍事境界線に隣接するので総面積の97.3%は軍用地になっており、花地里だけ邑民が居住する。第二次世界大戦前は道路・鉄道交通の要地であったが、朝鮮戦争中、完全に廃墟(はいきょ)になった。玄武岩台地の鉄原平野は米の産地である。 基 柱]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉄原の関連キーワード江原道(朝鮮民主主義人民共和国)到比岸寺鉄造毘盧舎那仏チョルウォン(鉄原)郡町田米軍機墜落事故ピョンガン(平康)ダルハンムミンガンクロロクルオリン非ヘム鉄蛋白質ウィルキンソンフェレドキシンヘムエリトリン鉄タンパク質セメンタイトヘモグロビンド・ジェンヌ王建(朝鮮)チョルウォンLD転炉法チトクロムフェリチン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄原の関連情報