コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年輪分析 ねんりんぶんせき annual ring analysis

2件 の用語解説(年輪分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年輪分析
ねんりんぶんせき
annual ring analysis

年輪の幅や年周変化を利用して気候を知る方法。一般に年中高温多雨な熱帯を除き,季節変化の明確な温帯では,樹木は春に粗大な組織をもつ春材を,夏秋の候に緻密な組織をもつ秋材をつくり,同一年の春材と秋材で年輪が形成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年輪分析【ねんりんぶんせき】

樹木の年輪を分析して過去の気候を推定する古気候学の一方法。年輪の幅は土壌,樹齢など気候以外の因子にも左右されるので分析には慎重を要する。台風などの強風により幹が大きく曲げられたときに浸出した樹液が年輪中に斑点となって残っていることがあり台風斑点と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

年輪分析の関連キーワード偽年輪古気候学湿潤気候年輪年代学気候変動間接分析大気候気候型年輪年代法湿潤帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone