幸せ/仕合(わ)せ/倖せ(読み)シアワセ

デジタル大辞泉の解説

し‐あわせ〔‐あはせ〕【幸せ/仕合(わ)せ/×倖せ】

[名・形動]《動詞「しあ(為合)わす」の連用形から》
運がよいこと。また、そのさま。幸福。幸運。「思わぬ―が舞い込む」「―な家庭」「末永くお―にお暮らしください」
めぐり合わせ。運命。「―が悪い」
「道がわかんねえで困ってると、―よく水車番に会ったから」〈有島生れ出づる悩み
運がよくなること。うまい具合にいくこと。
「―したとの便りもなく」〈浄・博多小女郎
物事のやり方。また、事の次第。
「その科(とが)のがれず、終(つひ)には捕へられて此の―」〈浮・一代男・四〉
[補説] 
2017年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2017」キャンペーンでの「幸せ」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆「なるもの」ではなく「気づくもの」。
みなしごハッチさん

◆生まれてきて良かったと思うこと。
pikoさん

◆「ずっとこのままでいたい」と思える瞬間。
ともさん

◆イライラしたり疲れたりしているときに癒してくれるもの。また、自分がやりたいことをできる状態。
keisuさん

◆宗教家の「商品」。
春日井さん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android