清福(読み)セイフク

デジタル大辞泉の解説

せい‐ふく【清福】

清らかな幸福。精神的な幸福。
「僕のおとう様がうらやましがって、あれが―というものじゃと言うておられた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス
手紙文で、相手の幸福を祝っていう語。「御清福をお祈り申し上げます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいふく【清福】

けがれのない幸福。精神的な幸福。
手紙文で、相手の幸福を祝っていう語。 「御-をお祈り申し上げます」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐ふく【清福】

〘名〙
① 清らかな幸福。物欲にわずらわされない幸福。
※鑑草(1647)五「程母は孝慈順仁そなはるによって、造化し給ふ清福(セイフク)なれば」
※続々金色夜叉(1899‐1902)〈尾崎紅葉〉二「林泉の奢を窮め、又有るまじき清福自在の別境なり」 〔耶律楚材‐冬夜弾琴遺猶子蘭詩〕
手紙文で、相手の幸福を祝っていう語。ご幸福。
※江戸大節用海内蔵(1704‐1863)坤「倍御清福一段大慶仕候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清福の関連情報