コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬久兵衛 ひろせ きゅうべえ

2件 の用語解説(広瀬久兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬久兵衛 ひろせ-きゅうべえ

1790-1871 江戸時代後期の商人,経世家。
寛政2年8月2日生まれ。広瀬貞恒の次男。兄の広瀬淡窓にかわり豊後(ぶんご)(大分県)日田(ひた)の諸藩御用達(ごようたし)博多屋をつぐ。小ケ瀬井路(おがせいろ)の開削,豊前(ぶぜん)・豊後の周防灘(すおうなだ)沿岸などの干拓と新田開発をおこなう。天保(てんぽう)元年の隠居後は府内藩,福岡藩など諸藩の財政改革にとりくみ成果をあげた。明治4年9月29日死去。82歳。名は嘉貞。字(あざな)は子礼。号は南陔(なんがい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広瀬久兵衛
ひろせきゅうべえ
(1790―1871)

江戸後期の掛屋(かけや)、経世家。豊後国(ぶんごのくに)日田(ひた)郡豆田(まめだ)町(大分県日田市)の博多屋(はかたや)の三男として生まれる(広瀬淡窓(たんそう)は兄、同旭荘(きょくそう)は弟)。号は南(なんがい)。21歳で家督を相続し、西国筋(さいごくすじ)郡代役所や諸藩の用達(ようたし)として家運の発展に努め、「日田金(ひたがね)」の名をあげた。また、郡代塩谷大四郎(しおのやだいしろう)の命を受け、小ヶ瀬井路(おがせいろ)の開鑿(かいさく)や、筑後(ちくご)川舟運のための中城河岸(なかじょうがし)の設置、周防灘(すおうなだ)沿岸の豊後呉崎(くれさき)(豊後高田市)、豊前(ぶぜん)久兵衛(宇佐市)、さらに筑前(ちくぜん)千早(ちはや)(福岡県糸島市)などの新田開発をはじめ公共土木事業にも力を尽くした。1830年(天保1)に隠居してのちは、府内(ふない)藩(大分市)、対馬(つしま)藩田代(たしろ)役所(佐賀県鳥栖(とす)市)、福岡藩などにおいて、殖産興業を基本とする財政改革事業に専念した。1870年(明治3)12月府内より帰郷、翌年9月29日没す。82歳。[豊田寛三]
『大分県教育会編『大分県人物志』復刻版(1976・歴史図書社) ▽杉本勲編『九州天領の研究』(1976・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の広瀬久兵衛の言及

【豊後国】より

… 日田商人は,豆田町に置かれた代官所と結びつき,九州各地の大名や村々への金融を行い,日田金(ひたがね)と称された。日田商人の一人広瀬淡窓の弟広瀬久兵衛は郡代塩屋正義と結んで1825年(文政8)には日田郡小ヶ瀬井路を造成し,29年には国東郡呉崎新田を築調し,その他豊前国宇佐郡の沿岸の干拓による新開(しんがい)築造にも力を注いでいる。久兵衛は,府内藩の天保改革にも加わり,青筵会所を運営し,大分郡庄ノ原,机帳原(きつちようばる)の開墾などを行い,財政再建に助力している。…

※「広瀬久兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広瀬久兵衛の関連キーワード五箇所商人江戸棚淡路屋太郎兵衛伊藤一清新場小安西川屋茂平林門悦耳依天具知山口吉郎兵衛(2代)和琢舎綾丸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone