コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬久忠 ひろせひさただ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広瀬久忠
ひろせひさただ

[生]1889.1.22. 山梨
[没]1974.5.22. 東京
官僚,政治家。東京帝国大学卒業後内務省に入り,社会局長,内務次官などを歴任。 1939年平沼騏一郎内閣の厚相に起用され,翌 40年米内光政内閣の法制局長官,44年小磯国昭内閣の厚相,内閣書記官長を歴任した。第2次世界大戦後 53年,山梨県から参議院議員に当選。緑風会を経て自由民主党に所属した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬久忠 ひろせ-ひさただ

1889-1974 昭和時代の官僚,政治家。
明治22年1月22日生まれ。内務省にはいり,三重県,埼玉県知事,社会局長官,内務次官などを歴任。昭和14年平沼内閣,19年小磯内閣の厚相となる。貴族院議員戦後参議院議員(当選2回,自民党)。昭和49年5月22日死去。85歳。山梨県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広瀬久忠の関連キーワード昭和時代政治家官僚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android