コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬叔功 ヒロセヨシノリ

3件 の用語解説(広瀬叔功の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひろせ‐よしのり【広瀬叔功】

[1936~ ]プロ野球選手・監督。広島の生まれ。昭和30年(1955)南海(福岡ソフトバンクの前身)に入団。外野手として活躍し、5年連続盗塁王を記録。引退後は同球団の監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬叔功 ひろせ-よしのり

1936- 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和11年8月27日生まれ。昭和30年投手として南海に入団。野手に転向し,攻走守三拍子そろった外野手として活躍。36年から5年連続盗塁王。39年首位打者。実働22年,通算2157安打,2割8分2厘,596盗塁。53-55年南海監督をつとめた。平成11年野球殿堂入り。広島県出身。大竹高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広瀬叔功
ひろせよしのり
(1936― )

プロ野球選手(外野手:右投右打)、監督。8月27日、広島県生まれ。大竹高から1955年(昭和30)に投手として南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)へ入団するが、すぐに野手へ転向。1957年に一軍に定着し、1958年から正遊撃手となった。以降、リーグを代表する俊足ランナーとして活躍、1961年に外野手へ転向してからは5年連続盗塁王を獲得した。1963年には626打数で187安打をマークしたが、打数はプロ野球記録(2015年時点)であり、安打数も1994年(平成6)にイチローに破られるまでパシフィック・リーグ記録であった。1964年は自己最高の打率3割6分6厘で首位打者を獲得して南海の日本一に貢献、野村克也(かつや)、杉浦忠(ただし)らとともに黄金時代を築き上げ、1966年までのリーグ3連覇を支えた。スピードを生かして広い守備範囲を誇り、遊撃手時代から定評のあった強肩も武器となり、1972年にはダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)も受賞、また1977年で引退するまでに歴代2位の通算596盗塁を記録した。1978年から1980年まで南海の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての22年間の通算成績は、出場試合2190、安打2157、打率2割8分2厘、本塁打131、打点705。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、盗塁王5回、ベストナイン3回、ダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)1回。監督としての通算成績(3年)は、390試合、136勝227敗27分け、勝率3割7分5厘。1999年(平成11)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広瀬叔功の関連キーワード大下弘福本豊日本プロ野球選手会プロ野球選手会労組大杉勝男河野安通志張本勲池永正明榎本喜八並木輝男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広瀬叔功の関連情報