コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床締め トコシメ

百科事典マイペディアの解説

床締め【とこじめ】

漏水しやすい火山灰質や砂質の水田地盤の透水性を下げて,用水節約と水温,地温の上昇による増収を図るための土地改良法。作土をいったん取り去り心土を突き固めてから作土を敷きなおす方法と,作土の上からそのまま固める方法がある。
→関連項目水田土壌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とこじめ【床締め subsoil compacting】

水田の耕土層の下に水を通しにくい層を,土の締め固めによって作る操作。人力,畜力,機械力が用いられるが,現在は機械力が多く,ブルドーザーの履帯転圧やローラーが用いられる。水田は地下水や排水路の水位が低くても湛水(たんすい)を保たなければならない。土の水通し(透水性)がよい水田で水位が低下すると漏水が多くなるので,土の透水性を下げる目的で床締めを行う。用水の節減,水温や地温の上昇,イネの収量増などの効果がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とこしめ【床締め】

( 名 ) スル
〔「とこじめ」とも〕
水漏れを防ぐため、水田の作土の下に水を通しにくい層を、土を締め固めてつくること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の床締めの言及

【すき床(鋤床)】より

…日本では,とくに水田土壌の透水性と地耐力に関連してすき床が注目される。排水のよい水田ではすき床が漏水を抑制していることが多く,そのため漏水田地帯では開田の際に床締めと称してブルドーザー転圧などにより人為的にすき床が造成される。また強湿田地帯は地盤が軟弱であるが,地下排水によりしだいに固く締まったすき床が発達し,農業機械の導入が可能になる。…

※「床締め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

床締めの関連キーワードすき床(鋤床)農業土木圃場整備水漏れ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android