コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床締め トコシメ

4件 の用語解説(床締めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐しめ【床締め】

水漏れを防ぐために、水田の床に粘土を入れること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

床締め【とこじめ】

漏水しやすい火山灰質や砂質の水田地盤の透水性を下げて,用水節約と水温,地温の上昇による増収を図るための土地改良法作土をいったん取り去り心土を突き固めてから作土を敷きなおす方法と,作土の上からそのまま固める方法がある。
→関連項目水田土壌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とこじめ【床締め subsoil compacting】

水田の耕土層の下に水を通しにくい層を,土の締め固めによって作る操作。人力,畜力,機械力が用いられるが,現在は機械力が多く,ブルドーザーの履帯転圧やローラーが用いられる。水田は地下水や排水路の水位が低くても湛水(たんすい)を保たなければならない。土の水通し(透水性)がよい水田で水位が低下すると漏水が多くなるので,土の透水性を下げる目的で床締めを行う。用水の節減,水温や地温の上昇,イネの収量増などの効果がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とこしめ【床締め】

( 名 ) スル
〔「とこじめ」とも〕
水漏れを防ぐため、水田の作土の下に水を通しにくい層を、土を締め固めてつくること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の床締めの言及

【すき床(鋤床)】より

…日本では,とくに水田土壌の透水性と地耐力に関連してすき床が注目される。排水のよい水田ではすき床が漏水を抑制していることが多く,そのため漏水田地帯では開田の際に床締めと称してブルドーザー転圧などにより人為的にすき床が造成される。また強湿田地帯は地盤が軟弱であるが,地下排水によりしだいに固く締まったすき床が発達し,農業機械の導入が可能になる。…

※「床締め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

床締めの関連キーワード耕土言い難い為難い死に水死に水を取る難句焼け石に水代掻きぬるめ全層施肥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone