コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁正 べんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁正 べんじょう

?-736 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
三論宗。白雉(はくち)4年遣唐使に随従して入唐(にっとう)。帰国後東大寺で三論宗をひろめた。霊亀(れいき)3年少僧都(しょうそうず),天平(てんぴょう)元年大僧都,翌年僧正となる。天平8年死去。俗姓は春日。法名は弁浄,弁静ともかく。

弁正 べんしょう

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
秦朝元(はたの-ちょうげん)の父。大宝(たいほう)(701-704)のころ唐(とう)(中国)に留学。囲碁が得意で玄宗皇帝に優待され,結婚して2子をもうけ,唐で死去した。「懐風藻」に2首の漢詩をのこす。俗姓は秦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弁正の関連キーワード善愷訴訟事件甘露寺時長甘露寺経遠甘露寺嗣長弁入道真観中御門宣誠身言書判河野恕斎中西深斎中西鷹山益谷末寿大伴道足阿部真造龍渓性潜留守希斎奈良時代平棟範伴善男あすか秦朝元

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁正の関連情報