コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁正 べんじょう

2件 の用語解説(弁正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁正 べんじょう

?-736 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
三論宗。白雉(はくち)4年遣唐使に随従して入唐(にっとう)。帰国後東大寺で三論宗をひろめた。霊亀(れいき)3年少僧都(しょうそうず),天平(てんぴょう)元年大僧都,翌年僧正となる。天平8年死去。俗姓は春日。法名は弁浄,弁静ともかく。

弁正 べんしょう

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
秦朝元(はたの-ちょうげん)の父。大宝(たいほう)(701-704)のころ唐(とう)(中国)に留学。囲碁が得意で玄宗皇帝に優待され,結婚して2子をもうけ,唐で死去した。「懐風藻」に2首の漢詩をのこす。俗姓は秦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弁正の関連キーワード続日本紀と皇甫東朝三星電子フェイクニュース欧州議会華厳宗長谷寺仏哲菩提僊那橘諸兄橘奈良麻呂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone