コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引起 ヒキオコシ

大辞林 第三版の解説

ひきおこし【引起】

シソ科の多年草。山野に自生。高さ約80センチメートル。葉は卵形で縁に鋸歯きよしがある。秋、花穂に淡紫色の小花を多数つける。全草が苦く、腹痛・下痢などに健胃薬とする。延命草えんめいそう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

引起 (ヒキオコシ)

学名:Isodon japonicus
植物。シソ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

引起の関連キーワードフリードリヒ・アウグスト1世シャマシュ=シュム=ウキンギューゲスと彼の指輪ナクシバンディー教団賃金インフレーションデイモスとフォボススピリット湖虐殺キルウォードビー古典的条件づけ原子力発電公害均衡景気循環論保存ベクトル流ユダヤ人問題安定ヨウ素剤頭蓋内血腫ソリブジン動因低減説メバロン酸エングラム真正染色質

引起の関連情報