弘願(読み)ぐがん

  • ×弘願
  • ぐがん ‥グヮン
  • ぐがん〔グワン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。広く人々を救おうとするのこと。すべての菩薩は,その修行期間に誓願を立て,衆生を救済することを決意するが,特に阿弥陀仏の立てた願を弘願といい,四十八願あるなかで,浄土真宗では第十八願,浄土宗では四十八願全体をさすなど諸説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 一切の衆生を救おうとする弘大な誓願。
※往生要集(984‐985)大文四「凡夫不勤修、何虚発弘願耶」
※空也和讚(12C後か)「釈迦の恩徳山高く、彌陀の弘願海深し」 〔観経玄義分〕
② 浄土教では阿彌陀仏の立てた四十八願をいう。真宗では特に第十八願を指す。
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「一代諸教の信よりも、弘願の信楽(しんげう)なほかたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の弘願の言及

【本願】より

…人々を救済しようとの根本の願い。その願いごとが弘(ひろ)いという意味で本弘(ほんぐ)誓願,略して弘誓(ぐぜい),弘願(ぐがん)ともいう。また因願(菩薩が仏になるための因としての行を修めている間におこした願の意),宿願などとも称する。…

※「弘願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android