コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥次・喜多 やじ・きた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥次・喜多 やじ・きた

十返舎一九(じっぺんしゃ-いっく)の滑稽(こっけい)本「道中膝栗毛」の主人公。
滑稽な失敗をくりかえしながら旅をする,弥次郎兵衛喜多八の自称江戸っ子コンビ。旅は東海道の上りからはじまり,京,大坂をへて金毘羅・宮島に参詣,もどって近江(おうみ)草津から中山道,木曾路,善光寺をめぐって江戸に帰着する。文化元年(1804)から約20年間にわたってかきつがれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弥次・喜多の関連キーワード『水戸黄門』シリーズ東海道中膝栗毛十返舎一九

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android