弥次・喜多(読み)やじ・きた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥次・喜多 やじ・きた

十返舎一九(じっぺんしゃ-いっく)の滑稽(こっけい)本「道中膝栗毛」の主人公。
滑稽な失敗をくりかえしながら旅をする,弥次郎兵衛喜多八の自称江戸っ子コンビ。旅は東海道の上りからはじまり,京,大坂をへて金毘羅・宮島参詣,もどって近江(おうみ)草津から中山道,木曾路,善光寺をめぐって江戸に帰着する。文化元年(1804)から約20年間にわたってかきつがれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥次・喜多の関連情報