張作霖爆死事件(読み)ちょうさくりんばくしじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張作霖爆死事件
ちょうさくりんばくしじけん

1928年6月4日,張作霖北京から奉天へ特別列車で引揚げる途中,満鉄線と京奉線の交差地点で,関東軍参謀河本大作らの謀略によって,腹臣の呉俊陞らとともに爆殺された事件。田中義一内閣作霖温存策に反発した関東軍が,張を暗殺し,混乱に乗じて満州を支配することをねらったのであるが,事件の真相を知った張の子張学良は国民党政府と結び,12月 29日には東三省青天白日旗を一斉に掲揚させ (易幟) ,これによって国民党政府による中国統一が成るにいたった。日本国内では「満州某重大事件」と呼ばれ,野党の攻撃を招き,田中内閣は天皇の信用を失った結果,29年7月総辞職した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android