コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張作霖爆死事件 ちょうさくりんばくしじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張作霖爆死事件
ちょうさくりんばくしじけん

1928年6月4日,張作霖が北京から奉天へ特別列車で引揚げる途中,満鉄線と京奉線の交差地点で,関東軍参謀河本大作らの謀略によって,腹臣の呉俊陞らとともに爆殺された事件。田中義一内閣の張作霖温存策に反発した関東軍が,張を暗殺し,混乱に乗じて満州を支配することをねらったのであるが,事件の真相を知った張の子張学良は国民党政府と結び,12月 29日には東三省青天白日旗を一斉に掲揚させ (易幟) ,これによって国民党政府による中国統一が成るにいたった。日本国内では「満州某重大事件」と呼ばれ,野党の攻撃を招き,田中内閣は天皇の信用を失った結果,29年7月総辞職した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

張作霖爆死事件の関連キーワード日本外交史立憲民政党

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android