河本大作(読み)こうもとだいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河本大作
こうもとだいさく

[生]1882.1.24. 兵庫
[没]1955.8.25. 中国,太原
陸軍軍人。 1903年陸軍士官学校,14年陸軍大学卒業後,支那公使館付武官補佐官,参謀本部支那班長などを歴任。 26年3月大佐に昇進,関東軍参謀となった。 28年6月4日早朝,満鉄のハンクートン (皇姑屯) 付近において張作霖乗車の列車を爆破,いわゆる張作霖爆死事件を引起した。 29年7月,事件首謀者として停職処分を受け,退役後は満州炭鉱株式会社理事長,山西産業社長などをつとめた。第2次世界大戦終了とともに,中国軍に捕えられ,太原収容所で病死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

河本大作【こうもとだいさく】

陸軍軍人。兵庫県出身。1914年陸軍大学校卒。1926年大佐として関東軍高級参謀となり,1928年張作霖爆殺事件を起こして停職処分となったが,1930年予備役に編入,1931年の三月事件満州事変などでも暗躍した。その後は満州鉄道理事,山西省の山西産業社長など実業畑を歩む。敗戦後,中華人民共和国政府に逮捕され,収監先の太原収容所で病死。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河本大作 こうもと-だいさく

1883-1953 大正-昭和時代前期の軍人。
明治16年1月24日生まれ。大正15年陸軍大佐,関東軍参謀となる。中国東北部(満州)の武力制圧を主張し,昭和3年張作霖(ちょう-さくりん)爆殺事件をひきおこした。のち満鉄理事などをつとめる。第二次大戦後,戦犯容疑で抑留され,昭和28年8月25日中国で病死。70歳。兵庫県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうもとだいさく【河本大作】

1883‐1955(明治16‐昭和30)
陸軍軍人。兵庫県生れ。陸軍士官学校(15期),陸軍大学校卒業。1926年大佐,関東軍高級参謀となり,28年満州占領を企てて張作霖爆殺事件を起こし,30年予備役に編入された。満州事変に際し裏面で活動,満鉄理事,満州炭鉱理事長を経て,43年山西省太原の山西産業社長となり,敗戦後も閻錫山と結び国共内戦に参加したが,49年中華人民共和国政府に戦犯容疑者として逮捕され,太原収容所で病死した。【江口 圭一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうもとだいさく【河本大作】

1883~1953) 陸軍軍人。兵庫県生まれ。1928年(昭和3)の張作霖爆殺事件の主謀者。30年予備役。第二次大戦後、中国の太原監獄に拘禁され病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の河本大作の言及

【張作霖爆殺事件】より

…中華民国陸海軍大元帥張作霖が関東軍高級参謀河本(こうもと)大作大佐の謀略により爆殺された事件。1928年5月国民革命軍の北伐が北京に迫り,奉天軍の敗色が濃厚となると,関東軍ではこの際武力を行使して張を下野させ,新政権を樹立し,中国の東北(東三省,満州)を中国から独立させようと図り,錦州方面へ出動する態勢をとった。…

※「河本大作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android