東三省(読み)とうさんしょう(英語表記)Dong-san-sheng; Tung-san-shêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東三省
とうさんしょう
Dong-san-sheng; Tung-san-shêng

中国,清から民国初期にかけて東北地方をさした呼称。清朝は入関後,父祖発祥の地である東北に軍政をしき,奉天吉林黒竜江の3将軍をおいて統轄した。光緒 33 (1907) 年列強の進出に対抗するため清朝は軍政を廃して省制をしき,東三省総督のもとに奉天,吉林,黒竜江の3巡撫をおいた。民国以後,軍閥張作霖の支配下に入ったが,やがて国民政府のもとに属し,東北4省のなかに含められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうさんしょう【東三省】

旧満州、現在の中国東北部の旧称。清朝が置いた黒竜江・吉林・奉天の三省をさし、今日の黒竜江・吉林・遼寧の三省にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東三省
とうさんしょう

中国東北地区、遼寧(りょうねい)、吉林(きつりん)、黒竜江の三省の総称。清(しん)代から民国初期にかけて称した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東三省の言及

【清】より

…このほか省に学政(教育),省と府の中間に数名の道員(道台),塩政,税関監督,織造など特殊な官職もあった。東北は3省に分かれて東三省とよばれ,将軍による軍政がしかれた。モンゴル,回部,チベットの藩部には将軍,辧事大臣らが駐在した。…

【東北】より

…清代には封禁の地とされ,漢族の入植を禁止していたが,ロシア帝国の東方への侵略が進展したため,辺防の必要から入植を認め,清末に至って上記3省を置いた。したがって本地域を東三省とも呼んだ。なお1949年の解放直後,当時置かれていた遼東,遼西,吉林,黒竜江,熱河,松江の6省と瀋陽,鞍山,本渓,撫順,旅大,長春,ハルビン(哈爾浜)7市を管轄する大行政区として東北区が置かれたが,54年廃止された。…

※「東三省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android