強いAI/弱いAI(読み)つよいえーあいよわいえーあい

日本大百科全書(ニッポニカ)「強いAI/弱いAI」の解説

強いAI/弱いAI
つよいえーあいよわいえーあい

アメリカの哲学者サールJohn Rogers Searle(1932― )が「中国語の部屋」問題とともに提示した区別。弱いAI(人工知能)は知的な作業をこなせればよいが、強いAIは人間と同等の意識までをもつことを含意している。サールは、チューリングテスト対話応答だけで判断する弱いAIなので、見かけ上は知的にふるまっても実際に対話の中身を理解しているとは限らないとしたうえで、弱いAIは達成可能だが、強いAIはいまのコンピュータでは実現不可能であると論じた。

 最近はこの区別が別の意味で使われることも多い。弱いAIは単機能のもので、強いAIは人間のようにさまざまなタスクをこなせるものとする。アルファ碁AlphaGo)など、ディープラーニング深層学習)による学習でつくられたシステムは単機能であり、中身の理解も伴わないからサールの定義にもほぼ一致する。しかし、単機能のものがかならずしもそのタスクを理解していないとはいいきれない。

[中島秀之 2019年8月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android