コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サール サール Searle, Ronald (William Fordham)

5件 の用語解説(サールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サール
サール
Searle, Ronald (William Fordham)

[生]1920.3.3. ケンブリッジ
イギリスの漫画家。ケンブリッジ美術学校で学び,1930年代末に最初のユーモア画集を刊行。第2次世界大戦に従軍し,日本軍の捕虜となり,その体験を 1946年に作品として発表。さらに漫画『聖三角女学院の反乱』 (1954) での辛辣な描写により有名となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サール(Sarh)

チャド南部の都市。シャリ川に面する河港をもつ。同国を代表する綿花栽培の中心地。繊維工業も盛ん。19世紀末、フランスの支配拠点として建設。旧称フォールアルシャンボー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サール

チャドの南部の町。シャリ川の河岸に位置する。かつてはフォール・アルシャンボーと呼ばれていた。チャドの主要輸出品である綿花の栽培の中心で,綿糸,綿織物などの工業も行なわれている。

サール

英国の漫画家。ケンブリッジに生まれ,同地の美術学校に学ぶ。1949年から漫画雑誌《パンチ》に投稿,1956年にその編集に参画。1957年米国に渡って製作した実験的アニメーションが,ベネチアサンフランシスコなどの映画祭で受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

サール【John Roger Searle】

1932~ ) アメリカの哲学者。オースティンの言語行為論を発展させ、体系化を試みた。心の哲学の分野では「志向性」概念を復権させ、人工知能の可能性に批判的立場をとる。著「言語行為」「志向性」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サールの関連キーワードケンブリッジ大学サラムケンブリッジブルーオックスブリッジケンブリッジプラトン学派タインブリッジチロリアンブリッジ無線LANブリッジハーツホーンブリッジハートショーンブリッジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サールの関連情報