コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当選訴訟 とうせんそしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当選訴訟
とうせんそしょう

選挙の有効を前提として当選の効力に関して提起される訴訟 (公職選挙法 207,208) 。地方公共団体の議会の議員と長の選挙では,異議の申し出もしくは審査の申立てに対する都道府県選挙管理委員会の決定または裁決に不服のある選挙人または公職の候補者が,当該選挙管理委員会を被告として高等裁判所に提起する。衆議院議員参議院議員の選挙では当選をしなかった者で当選の効力に不服のある者が,衆議院議員と選挙区選出の参議院議員の選挙にあっては当該都道府県の選挙管理委員会を,比例代表選出の参議院議員にあっては中央選挙管理委員会を被告として高等裁判所に提起できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうせん‐そしょう〔タウセン‐〕【当選訴訟】

選挙で当選しなかった候補者が、当選人の決定に違法があるとして当選の効力を争う訴訟。→選挙訴訟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせんそしょう【当選訴訟】

当選の効力に関する訴訟。高等裁判所の専属管轄。 → 選挙訴訟

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone