コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆議院議員選挙法 しゅうぎいんぎいんせんきょほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衆議院議員選挙法
しゅうぎいんぎいんせんきょほう

明治 22年法律3号。 1890年の最初の帝国議会総選挙にそなえて,89年2月 11日に議院法とともに公布された選挙法。小選挙区制をとり,25歳以上の男子で,居住する府県内で1年以上直接国税 15円以上 (所得税なら3年以上) を納付している者に選挙資格を制限した。被選挙人は同様の納税資格をもつ 30歳以上の男子とされた。 1900年に第2次山県有朋内閣のもとで改正され,1府県を1区,人口3万人以上の都市を独立区とする大選挙区制がとられ,納税資格は営業税を加えたうえ 10円に引下げられた。 19年原敬内閣小選挙区制を復活,選挙人の居住資格を6ヵ月に短縮,納税資格は3円とした。 25年加藤高明内閣が男子普通選挙制を実現させ,選挙人資格から財産,居住制限をほぼ取除き,1府県をいくつかに分割して,中選挙区制を採用。 45年4月には朝鮮,台湾に居住する 25歳以上の男子で,かつ直接国税を 15円以上納めている者が選挙人に含まれた。第2次世界大戦後の 45年 12月の改正では,男女 20歳以上に選挙権,25歳以上に被選挙権が与えられ,府県を1つか,2つの選挙区とする大選挙区制がとられたが,47年には中選挙区制がとられるようになった。 50年に公職選挙法に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の衆議院議員選挙法の言及

【公職選挙法】より

…1950年に,衆議院議員選挙法(1925公布),参議院議員選挙法(1947公布)を一本化し,さらに地方公共団体の長および議員に関する選挙法を統合して制定された法律(〈公選法〉と略称)。公選法の目的は,日本国憲法にのっとり,衆議院議員,参議院議員ならびに地方公共団体の長および議員を公選する選挙制度を確立し,その選挙が選挙人の自由に表明せる意思によって公明かつ適正に行われることを確保し,もって民主政治の健全な発達を期することにある(1条)。…

※「衆議院議員選挙法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衆議院議員選挙法の関連キーワード太平洋戦争史(年表)山高 しげり普通選挙運動伊東巳代治金子堅太郎普通選挙法女性参政権戸別訪問中川 望記名投票事前運動伊藤博文

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android