コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当選人 とうせんにん

3件 の用語解説(当選人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当選人
とうせんにん

一般的には,選挙によって選ばれる公務員について選挙会で当選人と決定された者をいう。特に中央,地方の議会の議員についていう。日本では,公職選挙法第 10章を「当選人」にあてて詳細な規定をおいている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうせんにん【当選人】

一般に,選挙によって当選者としての地位を得たものをいう。公職選挙法では選挙区選出と比例区選出では当選人としての地位の取得方法は異なる。同法によると,衆議院(小選挙区選出)議員,参議院(選挙区選出)議員の選挙,地方公共団体の議会議員・長の選挙において有効投票の最多数を得たものを当選人と呼んでいる。ただし,当選人となるには法定数の最低限の得票(法定得票数)が必要である(公職選挙法95条)。当選人が定まったときは,選挙長は,ただちに当選人の住所,氏名および得票数などを選挙管理委員会に報告しなければならない(101条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当選人
とうせんにん

公職選挙法上の概念で、選挙の結果に従い各種の議員あるいは地方公共団体の長となる者をいう。比例代表選出の参議院議員選挙については、ドント式計算法によって各政党の当選人数を求め、あらかじめ用意された「名簿」の順に当選人を決めるが、それ以外の選挙においては、有効投票の最多数を得た者で、法定得票数に達している者を当選人とする(公職選挙法95条1項・95条の2)。得票数が同じ者については、選挙長がくじで当選人を定める(同法95条2項・95条の2第2項)。候補者が定数を超えないため投票を行わないときは、選挙会においてその候補者が当選人に定められる(無投票当選=同法100条1、3項)。当選人が死亡していたり兼職禁止の職を辞さないときには繰上げ当選が認められる(同法97条・97条の2)。当選の効力は、当選人の告示日に発生し、議員または長の資格を得る。なお、当選人がいないとき、または当選人が議員定数に達しないときは、選挙長が選挙管理委員会に報告したうえで再選挙を行う(同法109条・110条)。[佐々木雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当選人の関連キーワード当選訴訟一般選挙半落選組当選当選証書再選挙無風選挙比例区と復活当選比例区当選の決まり方比例代表選挙

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当選人の関連情報