コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦山派 ひこさんは

1件 の用語解説(彦山派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひこさんは【彦山派】

九州の彦山権現社霊仙寺(現在の福岡県英彦山(ひこさん)神宮)を本拠とした山伏集団による修験道の一派。中世以来九州全域に檀那を持ち,1696年(元禄9)に江戸幕府は〈天台修験別本山〉として公認した。沿革については北魏の僧善正と猟師による開創(継体25)と宇佐の法蓮による中興,役小角(役行者(えんのぎようじや))や寿元の開山,増慶(917‐1006)による松会神事の創始などの伝承がある。1333年(元弘3)より後伏見天皇の皇子と伝える助有座主の血脈が一山を統轄して明治維新まで続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

彦山派の関連キーワード英彦山英彦山神宮英彦山神社彦山権現誓助剣毛谷村六助忍辱英彦山権現豊前佐久間勝信高千穂教有

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone