彦山派(読み)ひこさんは

世界大百科事典 第2版の解説

ひこさんは【彦山派】

九州の彦山権現社霊仙寺(現在の福岡県英彦山(ひこさん)神宮)を本拠とした山伏集団による修験道の一派。中世以来九州全域に檀那を持ち,1696年(元禄9)に江戸幕府は〈天台修験別本山〉として公認した。沿革については北魏の僧善正と猟師による開創(継体25)と宇佐の法蓮による中興,役小角(役行者(えんのぎようじや))や寿元の開山,増慶(917‐1006)による松会神事の創始などの伝承がある。1333年(元弘3)より後伏見天皇の皇子と伝える助有座主の血脈が一山を統轄して明治維新まで続いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android