往ぬ(読み)イヌ

デジタル大辞泉「往ぬ」の解説

い・ぬ【往ぬ/去ぬ】

[動ナ変]
行ってしまう。去る。
「旅に—・にし君しも継ぎて夢に見ゆ片恋の繁ければかも」〈・三九二九〉
時が過ぎ去る。時が移ってその時刻になる。
「暮れの—・るにやと覚えて」〈大鏡・道長下〉
を去る。死ぬ。
こも下延したはへ置きてうち嘆き妹が—・ぬれば」〈・一八〇九〉
腐る。悪くなる。
うどんも出しも—・んである」〈の宿替・一〉
[動ナ五(四)]に同じ。
「辛い悲しいことは皆一人で背負うて—・ぬつもり」〈露伴・椀久物語〉
[補説]ナ変は現在関西方言で用いられる。また、近世中期以降、四段化して用いられるようにもなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android