コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往ぬ/去ぬ イヌ

1件 の用語解説(往ぬ/去ぬの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い・ぬ【往ぬ/去ぬ】

[動ナ変]
行ってしまう。去る。
「旅に―・にし君しも継ぎて夢に見ゆ我(あ)が片恋の繁ければかも」〈・三九二九〉
時が過ぎ去る。時が移ってその時刻になる。
「暮れの―・ぬるにやと覚えて」〈大鏡・道長下〉
世を去る。死ぬ。
「隠(こも)り沼(ぬ)の下延(したは)へ置きてうち嘆き妹が―・ぬれば」〈・一八〇九〉
腐る。悪くなる。
「うどんも出しも―・んである」〈咄・臍の宿替・一〉
[動ナ五(四)]に同じ。
「辛い悲しいことは皆一人で背負うて―・ぬつもり」〈露伴・椀久物語〉
[補説]ナ変は現在関西方言で用いられる。また、近世中期以降、四段化して用いられるようにもなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

往ぬ/去ぬの関連キーワード抹殺ミイラ取りがミイラになる売払う食切る過去る台座後光を仕舞う絶え果てるちま・うてしま・う持去る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone