コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後腎 こうじん metanephros

4件 の用語解説(後腎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後腎
こうじん
metanephros

脊椎動物の羊膜類,すなわち爬虫類,鳥類,哺乳類の成体にみられる腎臓。これらの動物では,発生段階に従い,前腎,中腎に次いで後腎が現れ,前2者は順次退化,消失し,後腎のみが残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐じん【後腎】

個体発生の途上、前腎中腎に次いで、その後方に現れる排出器官。哺乳類・鳥類・爬虫(はちゅう)類では成体の腎臓となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうじん【後腎】

哺乳類・爬虫類・鳥類の発生過程において、前腎・中腎に次いで最後に胚はいの最も後方に生じる排出器官。成体の腎臓となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後腎
こうじん

爬虫(はちゅう)類以上の脊椎(せきつい)動物(爬虫類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類)において、前腎、中腎が退化し、その後方に発生した腎臓で、生涯の腎臓(永久腎)として泌尿作用を営む。腎小体、それに続く尿細管、尿細管の集まった集合管、腎盂(じんう)などからなる。発生的には、中腎後方の後腎形成層から尿細管が形成され、その先端に腎小体が形成される。他方、中腎輸管の後端部が膨出して前方に伸び、先が細い管に分枝して集合管となり、根元は輸尿管になる。[内堀雅行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後腎の言及

【腎臓】より

…腎臓は脊椎動物に共通する排出器官で,老廃物,おもに窒素代謝産物の体外への放出がその主要な働きであるが,体液の浸透圧調節のための水分の排出,体液中の余剰成分の排出,体液を一定のpHに保つためアルカリ性または酸性物質の排出,有害あるいは不要物質の排出などの機能ももっており,これらの諸作用は互いに関連し合っている。 腎臓は腎管nephridiumに由来したものと考えられ,発生上の順序や位置から前腎,中腎および後腎に分けられる(図1)。最初に現れる前腎pronephrosは漏斗状となって体腔に開き,腎臓の原始型とみられる。…

※「後腎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後腎の関連キーワード換歯視床下部哺乳類型爬虫類哺乳動物XY型日本哺乳類学会非霊長哺乳類海産哺乳類海生哺乳類哺乳類学

後腎の関連情報