コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中腎 ちゅうじん mesonephros; mid-kidney

4件 の用語解説(中腎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中腎
ちゅうじん
mesonephros; mid-kidney

ウォルフ体,原腎ともいう。脊椎動物泌尿器系のうち,発生的にみて前腎の次に現れる器官。魚類,両生類の大部分では前腎に代って中腎が成体の腎臓として働き,爬虫類,鳥類,哺乳類では発生の途中で退化し,のち後腎に代る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じん【中腎】

脊椎動物個体発生の過程で前腎に次いで現れる排泄器官。魚類・両生類では腎臓として働き、爬虫(はちゅう)類・鳥類・哺乳類では退化する。ウォルフ体。原腎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうじん【中腎】

脊椎動物の排出器官。個体発生時に、前腎に次いで現れ、その後方に位置する器官。魚類・両生類では腎臓として働くが、爬虫類・鳥類・哺乳類では退化し、後腎がこれに代わる。ウォルフ体。原腎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中腎
ちゅうじん

円口類のヤツメウナギ、魚類、両生類の成体がもつ排出器官をいう。ウォルフ体、原腎ともよばれる。脊椎(せきつい)動物は発生の過程で前腎を生じるが、前記の動物および羊膜類に属する爬虫(はちゅう)類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類ともに前腎のあとに中腎が生じてくる。羊膜類ではさらに後腎が生じ、中腎にとってかわって機能する。無羊膜類の中腎輸管は雄では精巣と連絡していて尿も精子も運ぶ管として機能する。羊膜類では中腎輸管から分かれて生じた後腎輸管が尿を運び、本来の中腎輸管は中腎退化後も残って輸精管として働く。[菊山 栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中腎の言及

【腎臓】より

…腎臓は脊椎動物に共通する排出器官で,老廃物,おもに窒素代謝産物の体外への放出がその主要な働きであるが,体液の浸透圧調節のための水分の排出,体液中の余剰成分の排出,体液を一定のpHに保つためアルカリ性または酸性物質の排出,有害あるいは不要物質の排出などの機能ももっており,これらの諸作用は互いに関連し合っている。 腎臓は腎管nephridiumに由来したものと考えられ,発生上の順序や位置から前腎,中腎および後腎に分けられる(図1)。最初に現れる前腎pronephrosは漏斗状となって体腔に開き,腎臓の原始型とみられる。…

※「中腎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中腎の関連キーワード血リンパ原索動物排卵無脊椎動物触覚器官平衡石視覚器官微胞子虫目脊椎動物血管系脊椎動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone