コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草根集 そうこんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草根集
そうこんしゅう

室町時代の歌人正徹 (しょうてつ) の私家集。 15巻。約1万 1000首。門人の正広 (しょうこう) 編。文明5 (1473) 年一条兼良 (かねら) 執筆の序がある。歌風は観念的,幻想的で難解だが,この時代の和歌で最も注目すべきものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうこんしゅう〔サウコンシフ〕【草根集】

室町中期の私家集。15巻。正徹の歌を弟子の正広が編集したもの。文明5年(1473)の一条兼良の序がある。収録歌数1万一千余首。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうこんしゅう【草根集】

室町時代の正徹の家集。正徹自身の手で,ある程度まとめられ,没後それをもとに弟子の正広が編纂したと推定される15巻本(日次(ひなみ)系,1万1236首,1473年(文明5)の一条兼良の序文を付す)と,さらにそれを編みなおした類題系のものとがある。五山禅僧風の漢詩趣味,正徹の尊重した定家風と,歌風は多様だが清新。正徹後半生の歌日記とも言うべき膨大な歌集で,ために抄出本で読まれた場合もあるようである。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうこんしゅう【草根集】

歌集。一五巻。正徹作、門人正広編。一条兼良序。1473年成立か。一万一千余首。永享(1429~1441)から長禄(1457~1460)にかけてのものは、日次形式で配列され、正徹の動静を知る資料となる。歌題の工夫、用語の新しさなどもみられ、作風も多様である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

草根集の関連キーワード淋しい・寂しい小魚・細小魚安田躬弦清巌正徹多賀高忠室町時代日比正広徹書記長禄歌題小魚草苞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android