コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能氏 とくのううじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

得能氏
とくのううじ

伊予の豪族で河野氏の一族。河野通信の子通俊を祖とし,桑村郡得能を本貫とした。通綱のとき,後醍醐天皇に応じて挙兵,長門探題北条時直と戦い,これを破った。南北朝内乱にも南朝方に属して活躍したが,内乱の過程で断絶したらしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

得能氏
とくのううじ

中世の伊予国(愛媛県)の豪族。伊予の有力豪族河野(こうの)氏の支族で、河野通信(みちのぶ)の子通俊(みちとし)を祖とするといわれる。桑村(くわむら)郡得能(現西条(さいじょう)市丹原(たんばら)町徳能)を本拠地とする。鎌倉末期に出た通綱(みちつな)は、1333年(元弘3・正慶2)後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の元弘(げんこう)の変に呼応して兵をあげた。その後同族の土居通増(どいみちます)らとともに新田義貞(にったよしさだ)軍に属して各地を転戦し、1337年(延元2・建武4)3月越前国(えちぜんのくに)金ヶ崎城(かながさきじょう)で討ち死にした。その後一族は河野氏の家臣団に組み込まれて戦国時代に至り、1585年(天正13)河野氏とともに滅亡した。本拠の故地には、得能氏の居城と伝えられる常石山城(つねいしやまじょう)がある。[山内 譲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone