御書始(め)(読み)ゴショハジメ

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐ふみはじめ【御書始】

〘名〙 (「おん」は接頭語) 天皇・皇太子・親王・諸王子が初めて読書されること。侍読・尚復(しょうふく)を定め、侍読が「御注孝経」を清涼殿で教授し、尚復が復習する。
※増鏡(1368‐76頃)一「文治二年十二月一日御ふみはじめせさせ給ふ」

ごしょ‐はじめ【御書始】

〘名〙 平安時代以後、幼帝や東宮、親王などの就学始の儀式。先例によって九~一一歳ごろの上吉の日に行なわれ、侍読(じどく)、尚復(しょうふく)が選ばれて教授し、教科書には主に「孝経」や「文選」が用いられた。当日は、たとえば「御註孝経序」と書名だけ読んで終わる簡略な儀式であるが、この後に侍読の計画に従って継続して学習生活にはいった。どくしょはじめ。ふみはじめ。
※日本紀略‐延喜九年(909)一一月一三日「東宮御書始」

みふみ‐はじめ【御書始】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android