御歌所派(読み)おうたどころは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御歌所派
おうたどころは

御製,御歌の添削や新年歌御会始の選,月次歌御会の執行など,宮中の和歌のことを司る機関として,明治4 (1871) 年に歌道御用掛が創設され,1888年に御歌所と改称されたが,その所長や寄人をつとめた歌人たちの総称。初代所長の高崎正風黒川真頼小出粲井上通泰らがこれに属する。竹柏会を興した佐佐木信綱らを別にして,総じて桂園派の影響が強く,古風なうたいくちで新鮮味に乏しかった。与謝野鉄幹らの新派和歌運動によって否定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうたどころは【御歌所派】

明治前期、御歌所に属した歌人。桂園派を中心とし、詠風は保守的・観念的。当時の歌壇の中心勢力。高崎正風・入江為守・阪正臣・小出粲つばら・井上通泰・税所さいしよ敦子などがいる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうたどころ‐は【御歌所派】

〘名〙 明治時代、宮内省御歌所の所長、高崎正風を中心とした歌の流派。平明でありながら写実より技巧を尊び、歌を道徳思想と深く結びつけた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android