御髪剃・御剃刀(読み)おかみそり

  • おこうぞり ‥かうぞり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 真宗で在家の者が仏門に入る時に行なう儀式。信者の頭に門主が剃刀(かみそり)をあて剃髪(ていはつ)に擬するもの。帰敬式。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「秋風や遊行柳の御かみそり〈正直〉」
② (江戸時代、文政頃、京都祇園の花街で用いられた語) 客と情交のあった芸妓。
※洒落本・箱まくら(1822)中「わけのあった子を、御かみそりのくちといふは、授かったといふこころなり」
〘名〙 (「おかみそり(御髪剃)」の変化した語) =おかみそり(御髪剃)
※談義本・風流狐夜咄(1767)一「一向宗の願ひ人〈略〉金百疋の御かうぞりをいただき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android