復楽園(読み)ふくらくえん(英語表記)Paradise Regained

大辞林 第三版の解説

ふくらくえん【復楽園】

ミルトンの叙事詩。1671年刊。「失楽園」の続編。新約聖書に材を取り、荒野におけるサタンの誘惑にキリストが打ち勝つ過程を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

復楽園
ふくらくえん
Paradise Regained

イギリスの詩人ミルトンの叙事詩。1671年刊。四巻からなる。素材としては『新約聖書』の共観福音(ふくいん)書、とくに「ルカ伝」の記事が用いられている。キリストが救世主、贖罪主(しょくざいしゅ)としての自覚をもち、宣教の生涯に入る前、悪魔(セイタン)の誘惑にあい、これに打ち勝つ物語が、この詩の中心となっている。これらの誘惑は、なんらかの形で人間が経験するものであるが、キリストが人間的次元における存在から、神の子としての自覚を確立する過程において、これらを拒否する姿を描くことによって、ミルトンは自らの内面における浄化の過程を描いたといえる。また、同時に、キリストが贖罪主としての自覚を得たことによって、失われた楽園がふたたび人間に与えられる可能性が生じたことを、作者はいおうとしている。[平井正穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android