コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島線 とくしません

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳島線
とくしません

四国地方徳島の佐古から吉野川沿いににいたる鉄道。 JR四国。全長 67.5km。 1914年全線開通。全列車が佃より土讃本線に乗入れて阿波池田まで直通する。佐古では牟岐線および高徳本線の列車に連絡し徳島にいたる。徳島-川田間は 1900年徳島鉄道により開通し,07年国有化,87年4月民営化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくしま‐せん【徳島線】

佐古(さこ)から佃(つくだ)に至るJR線。吉野川に沿って西走し、土讚線に接続。全長67.5キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

徳島線【とくしません】

佐古〜佃(つくだ)間のJR線。営業キロ67.5km。徳島県吉野川南岸を走り,佃で土讃(どさん)線と連絡。1900年徳島鉄道により徳島〜船戸間開通,1907年国有化,1914年川田〜阿波池田間が完成(川田〜船戸間は廃止)して全通

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳島線
とくしません

四国旅客鉄道の線路名称。徳島県、佐古(さこ)―佃(つくだ)間67.5キロメートル、全線単線、非電化。高徳線の徳島を発着する列車は佐古から吉野川南岸を走り、徳島平野を縦断して佃で土讃(どさん)線に乗り入れて阿波(あわ)池田まで運行される。徳島鉄道によって1899~1900年(明治32~33)徳島―船戸(1944年に船戸駅は廃止)間を開業、1907年国有化、1909年国有鉄道線路名称の制定によって徳島本線となった。1914年(大正3)阿波池田まで路線を延長し、1931年(昭和6)には三縄(みなわ)まで開通して徳島本線の一部としたが、土讃線の全通(1935)とともに阿波池田―三縄間をこれに編入し、さらに両線の分岐点の佃信号場が1962年(昭和37)に駅に昇格して、徳島―佃間が徳島本線の区間と定められた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化により、四国旅客鉄道に所属し、同時に徳島本線は佐古―佃間となり、徳島―佐古間の高徳本線(現、高徳線)との重複区間が解消された。1988年徳島線と改称。よしの川ブルーラインの愛称をもつ。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徳島線の関連キーワード徳島県三好郡東みよし町徳島県美馬郡つるぎ町府中(徳島市)山川(徳島県)徳島県吉野川市一宇(いちう)川島(徳島県)池田(徳島県)東みよし[町]三加茂[町]四国旅客鉄道つるぎ[町]吉野川[市]郡里廃寺跡井川[町]石井(町)美馬[市]貞光[町]半田[町]石井[町]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島線の関連情報