コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高徳線 こうとくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高徳線
こうとくせん

高松 (香川県) から徳島にいたる鉄道。 JR四国。全長 74.8km。もともと徳島-佐古間は徳島鉄道であったのを 1907年に国有化し,吉成-板野間は阿波電気軌道 (阿波鉄道) を 33年に国有化し,1935年全通。四国の幹線鉄道のなかでは,土讃線とともに比較的建設が遅かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうとく‐せん〔カウトク‐〕【高徳線】

四国東部、高松徳島間のJR線。昭和10年(1935)全通。同63年高徳本線より現在の名称改名。全長74.8キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高徳線【こうとくせん】

高松〜徳島間のJR線。営業キロ74.8km。一部に旧阿波鉄道の路線を含み,1935年全通。国鉄時代は高徳本線と称した。
→関連項目高松[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうとくせん【高徳線】

四国の玄関口高松駅を起点に,瀬戸内海沿いに徳島駅に至る営業キロ74.8kmのJR四国の営業線(国鉄時代は高徳本線と称した)。1925年,まず高松~志度間が開通,順次延長開業する一方,33年板西(現,板野)~池谷~吉成間を阿波鉄道から買収,この区間の改良と引田(ひけた)~板西間および吉成~佐古間の開通によって,35年高松~佐古間が全通した。また61年に佐古~徳島間を小松島線から編入,高松~徳島間を高徳本線と称することとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高徳線
こうとくせん

香川・徳島県北東部を走る四国旅客鉄道の線路名称。高松―徳島間74.5キロメートル。佐古(さこ)―徳島間のみ複線区間で、その他は単線。全線非電化。主として四国北東海岸付近を経由して讃岐(さぬき)平野と徳島平野を結ぶ。徳島側は、徳島鉄道(徳島―佐古間1899年開業、1907年国有化)、阿波(あわ)電気軌道(のち阿波鉄道、吉成(よしなり)―板野間、1916年および1923年開業、1933年国有化、阿波線となる)により比較的早く開業したが、高松―板野間は高徳線として1925~1935年(大正14~昭和10)、吉野川橋梁(きょうりょう)を含む吉成―佐古間は1935年開通、同年高松―佐古間を高徳本線に統一。1961年(昭和36)高徳本線の名称は高松―徳島間に改められた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、四国旅客鉄道に所属し、1988年高徳本線から高徳線と再改称。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高徳線の関連キーワード徳島市内の鉄道高架事業富田茶臼山古墳阿波国分尼寺跡津田(香川県)寒川(香川県)大内(香川県)東かがわ[市]さぬき[市]さぬき(市)渋野丸山古墳大内[町]引田[町]高松[駅]寒川[町]白鳥[町]鳴門(市)板野[町]牟礼[町]津田[町]東かがわ市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高徳線の関連情報