コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴憑 チョウヒョウ

大辞林 第三版の解説

ちょうひょう【徴憑】

事実を証明する材料。あかしとなる事実。徴証。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の徴憑の言及

【主要事実・間接事実】より

… 間接事実とは,いずれの場合にも,主要事実の存否を経験上推認させる事実をいう。徴憑(ちようひよう)ともいう。たとえば,民事の貸金返還請求訴訟では,被告が原告から金銭を受け取ったという事実とその際返還の合意をしたという事実が主要事実であり,そのころ被告は金に困っていたとか原告は貸与するため銀行で預金をおろしたという事実は間接事実である。…

※「徴憑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徴憑の関連キーワード主要事実・間接事実参籠起請破産原因しるし自白徴証