コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 しょう

6件 の用語解説(証の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょう

漢方用語。証候ともいう。独立した診断概念で,疾病のある段階における病人の自覚・他覚症状などをもとに,病因,病位 (病の位置) ,病性 (病の性情) ,病勢 (病の勢いや方向) などの病理を概括したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あかし【証】

《「灯(あかし)」と同語源》ある事柄が確かであるよりどころ明らかにすること。証明。証拠。「身のを立てる」

しょう【証】

証拠。「もって後日のとす」
仏語。正法を修得して真理を悟ること。悟りを得ること。
漢方で、病状、症状のこと。

しょう【証〔證〕】[漢字項目]

[音]ショウ(呉)(漢) [訓]あかす あかし
学習漢字]5年
確かな根拠に基づいて事実を明らかにする。あかす。「証言証人証明検証考証実証認証論証
事実を明らかにするもの。あかし。「証左証跡引証確証反証物証傍証
証明のための文書。「証券証書/学生証・免許証」
仏教で、悟り。「証果内証(ないしょう)
[補説]「証」と「證」はもと別字で、「証」はいさめる意を表した。
[名のり]あきら・つく・み
[難読]内証(ないしょ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょう【証】

証拠。しるし。 「後日の-とする」
〘仏〙 悟り。悟ること。修行や仏事の成果を示すこと。
漢方で、体力、抵抗力、症候などの患者の状態。または、方剤が用いられるための条件。これによって、治療方針を決定する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょう

漢方医学で用いられる語で、病人が示すさまざまな症状(症候群)をいう。この証の決定は、望診(ぼうしん)、問診(もんしん)、聞診(ぶんしん)、切診(せっしん)という漢方独自の診察によってなされる。こうした総合観察の結果、その病人は葛根湯(かっこんとう)で治るという確証が生まれれば「葛根湯の証」があると診断される。このように、漢方にあっては病名のかわりに処方名の下に証をつけて診断名とする。また、証には主証と客証とがある。主証は必発の症状であり、客証は、主証があるために出現したり消えたりする症状である。漢方における処方は、この主証によって決定される。[矢数圭堂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【医薬品】より

…その代表的なものが,後漢(1~3世紀)のころの《神農本草》と,《傷寒論(雑病論)》である。前者は,西方山地に発達したとされる〈薬効ある自然物〉に関する知識をまとめたもので,中国医学における薬学(本草学)の基礎となったものであり,後者は,身のまわりに存在するありふれた薬物(生薬)を適宜に組み合わせて,その総合的効果が十分に発揮できる特定の条件の疾病に用いるという,当時の江南地方の医術における経験が整理され,一定の薬物を配合した処方に適応する条件(これを証という)という根本概念を把握し,体系化したものである。 漢方医学は,高度な臨床治療体系をもち,非常に実用的なものであり,観念的,神秘的な色彩のまったく認められない実践的医学体系であった。…

【漢方薬】より

…陶弘景が《神農本草経》を編纂するに際し用いた底本の一つが《神農本草》である。いま《証類本草》に引用されているのによってみるに,今日漢方で用いる生薬の名称,基源,形質,産地,採集法,調製法,薬効,応用,調剤法が記載されているのがわかる。また,ここには365種の生薬が所載されていて,これらを上薬(120種),中薬(120種),下薬(125種)に分類している。…

※「証」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

証の関連キーワード

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

証の関連情報