証憑(読み)しょうひょう(英語表記)voucher

翻訳|voucher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「証憑」の解説

証憑
しょうひょう
voucher

取引の成立立証する書類。外部取引の当事者間で授受される書類ばかりではなく,内部取引の事実証拠となる書類をも含む。さらに後日に取引成立の立証として役立つのみではなく,取引の原始的記録で記録,計算の基礎資料となるところから,会計記録の正確性,真実性を証明する書類でもある。種類はきわめて多く事業形態によりその名称もさまざまであるが,外部取引で作成,使用される書類としては,注文書,商品受領書,送り状,契約書,領収書小切手および小切手控,借用証書などがあり,また内部取引の証拠書類としては,製造指図書,出荷指図書,物品請求書,資材入庫・出庫伝票などがある。これらは伝票ならびに帳簿への記録のための基礎資料となり,各部門への取引伝達手段として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「証憑」の解説

しょう‐ひょう【証憑】

〘名〙
① 事実を証明する根拠。証拠。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「悉く官印を用ゐて証憑となすを以て」
② 犯罪の成否、態様などに関係があると認められる一切の資料。証拠。
東京日日新聞‐明治一六年(1883)九月三日「判決政府を顛覆することを目的とし、内乱陰謀をなしたるものと判定す。其証は左にを明示す」
③ 企業内で生起する取引を裏付ける証拠書類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android