裏付け(読み)ウラツケ

デジタル大辞泉の解説

うら‐つけ【裏付け】

衣服などに裏をつけること。また、つけたもの。
「―の上(かみ)に麻の袴(はかま)を着るもあり」〈浮・一代女・三〉
裏付け草履」の略。

うら‐づけ【裏付け】

裏を張って丈夫にすること。裏打ち。
物事の確実なことを他の面から証明すること。「調査による裏付けをとる」「証言に裏付けされたアリバイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらつけ【裏付け】

裏付き」に同じ。
裏付け草履ぞうり」の略。

うらづけ【裏付け】

証拠や保証となるもの。 「実験による-のない空論」
結論を証拠や資料によって確実なものとすること。 「 -捜査」 「 -をとる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏付けの関連情報