ねた(読み)ネタ

デジタル大辞泉の解説

ねた

《「たね(種)」を逆さ読みにした語》
新聞記事・文章などの材料。「小説のねた
証拠。「ねたがあがる」
奇術などの仕掛け。「ねたを明かす」
漫才で事前に決めている話題や、コントなどの出し物。「野球選手の物真似のねたが受けた」
人をかつぐための、真実めかした作り話。悪意のある嘘ではなく、相手を笑わせたり軽くからかったりする程度である場合をいう。「彼の失敗談はねただろう」
料理などの原料。また、材料。「すしのねた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねた

〔たね(種)の倒語〕
もとになるもの。材料。原料。 「記事の-」 「寿司-」 「話の-」
証拠。また、証拠の品。 「 -があがる」
手品などの仕掛け。物語の展開や結末。 「 -ばれ」 「 -が割れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねたの関連情報