コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀山 シガヤマ

大辞林 第三版の解説

しがやま【志賀山】

志賀高原の中央に位置する山。海抜2037メートル。二峰よりなる。この山の溶岩流により志賀高原が形成された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀山
しがやま

長野県北東部、志賀高原の中央部に噴出した火山。標高2037メートル。北部の裏志賀山(2040メートル)と並び双子(ふたご)の円頂丘をなしている。山頂部を中心に流下した溶岩は「渦状溶岩」とよばれ、複雑な起伏をつくり、山麓(さんろく)には大小の湖沼がある。トウヒ、コメツガ、シラビソなどの原生林や頂稜近くはハイマツに覆われ、北西部一帯は信州大学教育学部附属志賀自然教育園で、自然観察路もある。観光開発が進んだ志賀高原中では自然がよく残され、カモシカも生息する。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

志賀山の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・3代)中村仲蔵(江戸系・初代)志賀山 勢以(5代目)志賀山 勢以(6代目)長野県下高井郡山ノ内町志賀山せい(4代)中村伝次郎(初代)中村伝次郎(3代)中山小十郎(7代)篠塚文三郎(初代)志賀山せい(5代)志賀山せい(6代)中村伝次郎(2代)中村伝次郎(4代)志賀山せい(3代)志賀山せい(初代)志賀山せい(2代)中村仲蔵(3代)中村仲蔵(1世)中村仲蔵(3世)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android