コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠類[村] ちゅうるい

1件 の用語解説(忠類[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうるい【忠類[村]】

北海道南東部,十勝支庁広尾郡にある村。人口1871(1995)。地名はアイヌ語〈チュウルイ・トー・ペツ〉をあてたものといわれ,波の立つ沼川または急流の意味。十勝平野南部に位置し,標高200~300mの山に囲まれ,中央を南東へ流れる当縁(とうべり)川流域に平地が広がる。1894年群馬県から移民が入植した。基幹産業は酪農で,一部で畑作も行われ,特産にユリ根がある。1969年,東部の晩成でナウマンゾウの全骨格に近い化石が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忠類[村]の関連キーワード厚岸湾尾花岬十勝支庁十勝川十勝平野利別川十勝総合振興局

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone