コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性リンパ性白血病 キュウセイリンパセイハッケツビョウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐リンパせいはっけつびょう〔キフセイ‐セイハクケツビヤウ〕【急性リンパ性白血病】

急性白血病のうち、リンパ球に分化する造血細胞が成熟する働きを失い、正常な血液を作ることができなくなる病気。リンパ芽球という未熟な血液細胞が急速に無秩序に増殖し、正常な血球をつくる機能を妨げる。ALL(acute lymphoid leukemia)。→急性骨髄性白血病

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の急性リンパ性白血病の言及

【白血病】より

…また,年齢別では,3~4歳と30歳以上に二つの峰がみられる。小児では急性リンパ性白血病が,成人では骨髄性白血病が多く,慢性リンパ性白血病は老人に多くみられる。男女差はほとんどみられない。…

※「急性リンパ性白血病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

急性リンパ性白血病の関連キーワード子どもの播種性血管内凝固症候群がんの化学療法田中 正範骨髄移植白血病トマス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性リンパ性白血病の関連情報