コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線被曝 ほうしゃせんひばくradiation exposure

3件 の用語解説(放射線被曝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射線被曝
ほうしゃせんひばく
radiation exposure

放射線の照射を受けること。体外の放射線源からの被曝を外部被曝と呼び,透過力の強い高エネルギーのβ線,X線,γ線,中性子線などが問題となる。一方,飲食物や大気,傷口の汚染などによって体内に取り込まれて沈着した放射性物質による被曝を,内部被曝という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんひばく【放射線被曝 radiation exposure】

放射線を受けること。人体が放射線に被曝すると,線量が高い場合には放射線障害が引き起こされ,低い場合でもその線量に応じて放射線障害発生の確率が増える。したがって,放射線防護のためには放射線被曝線量を低く保つことが最もたいせつである。 放射線被曝にはいろいろな種類があり,それらは種々の観点から分類できる。まず放射線源が体外にあるか体内にあるかによって,体外被曝体内被曝とに分けられる。宇宙線や診断のためのX線の被曝は体外被曝の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の放射線被曝の言及

【原子爆弾症】より

… 原子爆弾被爆による障害が他の爆弾被爆と最も様相を異にするのは,放射線による障害が熱傷,外傷に組み合わさっている点にある。爆心地においては,広島では中性子線量約1万4000ラド(1ラド=0.01グレイ),γ線量約1万ラド,長崎では中性子線量約4000ラド,γ線量2万5000ラドの放射線被曝を受け,爆心地から1.0kmでは,広島で中性子線量192ラド,γ線量256ラド,長崎で中性子線量36ラド,γ線量889ラド,2.0kmの距離では,広島で中性子線量0.5ラド,γ線量1.9ラド,長崎で中性子線量0.1ラド,γ線量18ラドの被曝を受けたものと推定されている。ただし,この推定線量に関しては,最近,アメリカにおけるコンピューターによるシミュレーションの結果,広島で,中性子線量が従来の推定値より1/6以下で,γ線量は逆に1.5~4倍高いのではないかとの疑問が出され,現在,再検討が行われつつある。…

※「放射線被曝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射線被曝の関連情報