コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡丹灯籠 ボタンドウロウ

2件 の用語解説(牡丹灯籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼたんどうろう【牡丹灯籠】

人情噺(ばなし)「怪談牡丹灯籠」、およびそれに基づく歌舞伎狂言などの通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡丹灯籠
ぼたんどうろう

三遊亭円朝(えんちょう)作の人情噺(ばなし)。怪談噺の代表作で、正称は『怪談牡丹灯籠』。1861年(文久1)から64年(元治1)、円朝23歳から26歳ごろの作。84年(明治17)速記本刊行。
 旗本飯島(いいじま)平左衛門は若いころに酒乱の浪人黒川孝蔵を斬(き)り、のち偶然にもその子孝助を召し抱えた。平左衛門の妻はお露を産んで死に、女中お国が妾(めかけ)となったが、お国は隣家の宮城野源次郎と密通し、2人は平左衛門暗殺を謀る。それを知った孝助は源次郎と間違えて平左衛門を討ってしまう。平左衛門が覚悟のうえで討たれたことを孝助は知り、その仇討(あだうち)に2人を追って旅立つ。一方、娘のお露は浪人萩原(はぎわら)新三郎に恋い焦がれて死に、お盆から毎夜その幽霊が女中お米に手を引かれ牡丹灯籠を提げて新三郎のもとに通う。自分が幽霊と逢瀬(おうせ)を重ねていることを出入りの伴蔵(ともぞう)に知らされた新三郎は、谷中(やなか)新幡随院(ばんずいいん)の両女の墓に参り、良石和尚(おしょう)の加持とお札(ふだ)を受けるが、幽霊から百両の金をもらった伴蔵がお札をはがしたため、新三郎は幽霊に命を奪われてしまう。逐電した伴蔵夫婦は栗橋(くりはし)宿で荒物屋を営むが、伴蔵が酌婦となったお国に近づき、嫉妬(しっと)した女房おみねは錯乱して伴蔵に惨殺され、伴蔵も江戸で捕らえられる。旅先で孝助は再婚した生母と対面、婚家の先妻の娘がお国と判明するが、母は婚家への義理で、お国と源次郎を孝助の追っ手から逃がして自害する。孝助は2人を追ってめでたく本懐を遂げ、1子孝太郎をもって飯島家を再興する。
 この作は、円朝が、中国の怪奇小説『剪燈新(せんとうしん)話』を翻案した近世初期の説教僧浅井了意(りょうい)の『御伽婢子(おとぎぼうこ)』巻三「牡丹灯籠」から取材し、深川北川町の玄米問屋近江(おうみ)屋喜左衛門家に伝わる怪談や牛込(うしごめ)軽子坂の旗本田中家で聞いた実話などをもとにして創作された。幽霊接近に「カランコロン」の下駄(げた)の音を用いて有名になったが、構成が優れ、描写力は卓抜で、多くの人々の感動をよんだ。1892年(明治25)には3世河竹新七の脚色で歌舞伎(かぶき)化され、『怪異談牡丹灯籠』として5世尾上(おのえ)菊五郎らが初演、以後もしばしば上演されている。岡本綺堂(きどう)の戯曲にも『牡丹灯記』(1927初演)がある。[関山和夫]
『『三遊亭円朝全集1』(1975・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牡丹灯籠の関連キーワード瞿佑釣灯籠寒牡丹冬牡丹牡丹防風怪談牡丹灯籠影灯籠盆灯籠お露金牡丹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牡丹灯籠の関連情報