(読み)ジョ

  • ×恕
  • じょ・す
  • じょ・する
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

他人の立場心情を察すること。また、その気持ち。思いやり。
人名用漢字] [音]ジョ(慣) [訓]ゆるす
相手を思いやって許す。「寛恕宥恕(ゆうじょ)諒恕(りょうじょ)
思いやり。同情。「仁恕忠恕
[名のり]くに・しのぶ・ただし・のり・はかる・ひろ・ひろし・ひろむ・みち・もろ・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

思いやること。思いやり。同情。 己れの欲せざる所を人に施す勿れとは…之を-の道と云ふ/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人の身の上や心情についての察し。同情すること。また、その気持。思いやり。
※童子問(1707)上「仁不勉而為。恕可強而能一レ之。仁者非徳者能。恕者力行者能之」 〔論語‐衛霊公〕
〘他サ変〙 じょ・す 〘他サ変〙 思いやりの心で罪過などをゆるす。
※玉塵抄(1563)四〇「温和ににっこと和した恕する心多ぞ。恕(ジョ)はとがをゆるしあわれむを云たぞ」
※魔睡(1909)〈森鴎外〉「不快を抑へて、細君を恕(ジョ)せようと思ふと同時に」
〘他サ変〙 ⇒じょする(恕)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恕の関連情報