恩領(読み)おんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩領
おんりょう

中世,主君から従者に恩恵としてあてがわれた所領。恩地私領に対する。恩領は主君に対する奉公を条件にあてがわれたものであるから,その処分については私領よりも制限が多かった。『御成敗式目』が私領の売買を定法としたのに対し,恩領の売買を禁止したのもその一例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐りょう ‥リャウ【恩領】

〘名〙
① 主君から与えられた物。
※地唄・鵺(江戸)「恩領の狩衣に重籐の弓を持ち」
② 中世において、武家の奉公に対して主人から与えられた所領等のこと。任意の処分が制限されていた場合もある。恩地。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の恩領の言及

【恩地】より

…恩領ともいう。主従関係において主人が従者に新たに恩給として与えた地。…

※「恩領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android