コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惣型 そうがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惣型
そうがた

鋳物をつくる型の一種,またその技法粘土でつくって外型の内側に直接模様を彫り,軽く焼き,その内部に内型をはめ,空隙に溶かした金属を流し込んで成型する。茶釜釣鐘などをつくる場合に用いる。弥生時代銅鐸もこの方法でつくられたと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

惣型の関連キーワード南北朝時代(日本)鐘(楽器)高村豊周金属工芸鋳金鋳物