コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感応 カンオウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐おう【感応】

[名](スル)かんのう(感応)

かん‐のう〔‐オウ〕【感応】

[名](スル)《「かんおう」の連声(れんじょう)
仏語。人に対する仏の働きかけと、それを受け止める人の心。また、信心が神仏に通じること。
外界からの刺激によって心が深く感じ動くこと。「真の芸術に接して感応した人々」
誘導(ゆうどう)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんおう【感応】

( 名 ) スル

かんのう【感応】

( 名 ) スル
〔「かんおう」の連声〕
人々の信心に神仏がこたえること。 「天神の-を垂て/今昔 9
事に触れて心が感じ動くこと。 「此神社にて侍と聞ば、-殊しきりに覚えらる/奥の細道」
電気・磁気の誘導の古い言い方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感応の関連キーワードマツダ車速感応型4WSシステム鹿児島県出水市野田町下名滋賀県蒲生郡日野町村井大阪府八尾市恩智中町パワーステアリングイオン選択性電極インダクション陰陽を燮理す2人組精神病天人相関説誘導コイルテレパシーテレゴニー奥の細道電磁誘導静電誘導磁気機雷誘導電流磁気誘導モビール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感応の関連情報