コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慎〔愼〕 シン

デジタル大辞泉の解説

しん【慎〔愼〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]シン(漢) [訓]つつしむ
手落ちのないように気を配る。つつしむ。「慎重戒慎謹慎
[名のり]ちか・のり・まこと・みつ・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の慎〔愼〕の言及

【謹慎】より

…言動を控え,みずからを戒めることで,刑罰・制裁としても科せられた。江戸時代,慎(つつしみ)と称した公家・武士の閏刑(じゆんけい)(特定の身分の者や幼老・婦女に対し本刑の代りに科す刑)は,《公事方御定書》が規定する塞(ひつそく),遠慮に類似の自由刑で,他出・接見などの社会的活動を制限することに実質的意義があったが,また名誉刑的な性格ももつ。幕末には大名処罰に隠居と併科された例が多くみられる。…

※「慎〔愼〕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

慎〔愼〕の関連キーワード粛慎(しゅくしん)仮面ライダーランス粛慎(みしはせ)慎莫に負えぬ冷たい水の羊歯亡び舌存す棄知斉物説図書準備室慎む・謹む川村驥山証類本草雲泥の差中山広大伴食宰相説文解字松平頼永切れた鎖小野慎也大徹宗斗横山当永