コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧文 えもんHuì wén

世界大百科事典 第2版の解説

えもん【慧文 Huì wén】

中国,南北朝時代,北斉の僧。慧聞ともいう。姓は高。生没年,生地ともに不明だが,その下に南岳慧思を出すことで,天台宗第2祖とされる。先に姚秦の羅什が訳出した竜樹の著作によって,禅観の実践につとめ,一心三観の理を悟って,その教理を集大成する。慧思を介して,天台智顗(ちぎ)がこれを総合し,法華三昧を軸に,天台宗を開創する。一心三観とは,空仮中の三諦を,一心の上に体験するもので,天台学の根拠である。【柳田 聖山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慧文
えもん

生没年不詳。中国、南北朝時代の北斉(ほくせい)の僧。俗姓は高氏。天台宗の教理の基礎となる三諦(さんだい)、一心三智(いっしんさんち)を唱えた最初の人物といわれる。もっぱら大乗の禅観を行ったが、龍樹(りゅうじゅ)の『中論』を読んで空(くう)・仮(げ)・中(ちゅう)の三諦の理を悟り、また『大智度論(だいちどろん)』を読んで一心三智の妙旨を悟った。
 おもに河淮(かわい)の地に教えを広め、門人は数百であったと伝えられるが、南岳(なんがく)大師慧思(えし)がこれを受け継ぎ、さらに天台大師智(ちぎ)に伝えられて、天台宗の教学が確立した。[池田魯參]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

慧文の関連キーワード副島種臣ミラレパ南岳大師大橋訥庵ICE

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android