コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧文 えもん Huì wén

2件 の用語解説(慧文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えもん【慧文 Huì wén】

中国,南北朝時代,北斉の僧。慧聞ともいう。姓は高。生没年,生地ともに不明だが,その下に南岳慧思を出すことで,天台宗第2祖とされる。先に姚秦の羅什が訳出した竜樹の著作によって,禅観の実践につとめ,一心三観の理を悟って,その教理を集大成する。慧思を介して,天台智顗(ちぎ)がこれを総合し,法華三昧を軸に,天台宗を開創する。一心三観とは,空仮中の三諦を,一心の上に体験するもので,天台学の根拠である。【柳田 聖山】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慧文
えもん

生没年不詳。中国、南北朝時代の北斉(ほくせい)の僧。俗姓は高氏。天台宗の教理の基礎となる三諦(さんだい)、一心三智(いっしんさんち)を唱えた最初の人物といわれる。もっぱら大乗の禅観を行ったが、龍樹(りゅうじゅ)の『中論』を読んで空(くう)・仮(げ)・中(ちゅう)の三諦の理を悟り、また『大智度論(だいちどろん)』を読んで一心三智の妙旨を悟った。
 おもに河淮(かわい)の地に教えを広め、門人は数百であったと伝えられるが、南岳(なんがく)大師慧思(えし)がこれを受け継ぎ、さらに天台大師智(ちぎ)に伝えられて、天台宗の教学が確立した。[池田魯參]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慧文の関連キーワード顔之推魏収宋雲東魏南朝北周北斉北朝魏晋南北朝時代北斉書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慧文の関連情報