コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧思 えし Hui-si

3件 の用語解説(慧思の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慧思
えし
Hui-si

[生]天監14(515)
[没]太建9(577)
中国,南北朝時代の僧。天台宗の創始者智 顗 (ちぎ) の師で中国天台宗第2祖とされる。北斉の慧文に従って法華の妙理を体得。晩年,南方南岳 (湖南省) に入り,教化に専念した。これにちなみ南岳禅師とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えし【慧思 Huì sī】

515‐577
中国,南北朝末期の高僧。天台宗の事実上の開祖。568年以後,南岳衡山(湖南省)に僧団を作ったので南岳大師とよばれる。北魏末,南予州武津県(河南省)の出身。慧文(えもん)らのもとで禅の修行にはげみ,30歳をすぎたころ開悟。548年から,頓悟の体験にもとづく大乗仏教のあり方を山東・河南の各地で説いたが,仏教界の激しい迫害にあい,当時の社会の末世的現実に対する深刻な危機意識と相まって護法への情熱をもやす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慧思
えし
(515―577)

中国、南北朝時代の僧。天台宗の開祖智(ちぎ)の師。俗姓は李(り)氏。梁(りょう)の天監(てんかん)14年11月11日、河南省予州武津(ぶしん)県に生まれる。15歳で出家し、20歳のときに『妙勝定経(みょうしょうじょうきょう)』を読んで禅定(ぜんじょう)のたいせつさを知り、諸方の禅匠を訪ねて禅を修めたが、北斉(ほくせい)の慧文(えもん)に会見して法華三昧(ほっけざんまい)を会得したといわれる。34歳のとき、河南省(えんしゅう)での論争が原因で、敵意をもつ僧から毒害を受けるなど、その後しばしば法難にあった。41歳のとき、光州(河南省)大蘇山(だいそざん)に入り、この間に智に法を伝えた。陳の光大2年(568)に弟子40余人と湖南省の南岳(なんがく)に入って坐禅(ざぜん)講説に努めたので南岳大師といわれる。諡号(しごう)は思大和尚(しだいおしょう)。著書に『南岳思大禅師立誓願文(なんがくしだいぜんじりっせいがんもん)』『諸法無諍三昧(むじょうざんまい)法門』2巻などがある。[池田魯參]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慧思の言及

【正像末】より

…そのうち正法500年・像法1000年・末法1万年の説が多く信じられた。正像末の3時期区分が中国で最初に表明されたのは,南岳慧思の《立誓願文》(558)においてであり,以後,末法思想が広く行われるようになった。【礪波 護】。…

※「慧思」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧思の関連キーワード孝暢天台山仏祖統紀ラパス高僧六祖四明天台事実上の後見事実上の主張事実上の推定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慧思の関連情報