コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐石料理 かいせきりょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懐石料理
かいせきりょうり

茶道で用いられる料理。古くは禅院で,あたためた石を懐中に入れて,空腹をしのいだことから出た言葉で,禅宗の精神の影響を受けて,料理も山海珍味ではなく,季節のものを合せて,茶人手料理でもてなすのが普通であった。今日の懐石料理の形式は千利休が完成したといわれ,料理の品数には一定の決りがあり,一汁一菜,一汁二菜,二汁三菜の3段階である。これらの料理法や材料の扱い方にも古来のしきたりがあり,年間を通じて行われる正式の茶事は,正午に行うのが通例とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

懐石料理の関連キーワード千宗守(11代)龍野淡口醤油麩まんじゅう御所 雲月向こう付け田村 平治柳原 敏雄辻 嘉一袱紗料理澄まし汁北村幽庵本膳料理田村平治久保友彦坂井宏行遠藤元閑日本料理このこ千澄子湯の粉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐石料理の関連情報